●外陰部、膣粘膜に発生する良性腫瘍であり、
  HPV(ヒューマン・パピロマ・ウイルス)の6型、11型の感染によって発症する。

●症状としては、外陰部に乳頭状、鶏冠状の表面を持つ、違和感、掻痒感を訴える、
 単発性から多発性、微小から小指頭大の<できもの>に気がつきます。
 
●潜伏期間は3ヶ月くらいでレーザーや電気メスで焼灼、もしくは、
  5−FU軟膏によって治療を行い、初期感染ほど、よく治ります。

 トップ * 当院のご案内 * 当院予約 * 赤ちゃん 
  Q&A * 求人募集 * ウィークリーニュース * リニューアル情報 * Mail